“To share hopes and courages through sports.”

Hearts Of Gold (NPO) was established with this motto in 1998.

The founder of HOG, Ms. Yuko Arimori tells all the children in this world that “Try as hard as we can, and we will always win. And how important to live their lives in hope.”.

Ms. Yuko wishes a peace world and strives for the action to save the children’s smile. In photos above, She was in Angkor Wat International Half Marathon (Support for disabled person and children).

Thus, Hearts Of Gold has been energetically active in all over the world with Yuko Arimori at the head, decided to join Danang International Marathon “Run For Peace” in this year. It has been 40 years since the end of Vietnam war.

After 40 years, the event is going to be held with people who hope peace gather around from all over the world on the basis of the slogan “Make Vietnam the sanctuary of peace” once a year. Through this event, we deliver the message that “How great enjoying peace is.” to the world, and contribute to organizations including support group in Vietnam.

Yuko Arimori (The director of Hearts Of Gold, certified NPO organization).
Born in Okayama, Japan, in 1966.
Yuko won the silver medal in 1992 Barcelona Olympics and bronze medal in 1996 Atlanta Olympics of women’s marathon, and she cut the dawn of the golden age of Japanese women’s marathon after that. After the Atlanta Olympics, she became first professional marathon runner in Japan. After Yuko retired from the marathon, she has been taking active part widely such as the director of RIGHTS.Inc., the director of Hearts Of Gold certified NPO organization, the chairman of Special Olympics Nippon Foundation, the director of Japan Professional Football League, the Goodwill Ambassador of Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare. In June 2010, Yuko got the IOC women’s sport award as a first Japanese. In December, she was presented Grand cross of the Royal order of Monisaraphon by Norodom Sihanouk, the king of Cambodia, by praised for the achievement of activities of Hearts Of Gold commencing with Angkor Wat International Half Marathon.
“スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう”

NGO団体、ハート・オブ・ゴールドはこの言葉をモットーに1998年に設立された。

代表理事有森裕子は、「一生懸命は必ず勝つ」と希望を持って頑張っていくことを世界中の子供たちに伝えている。

子ども達の笑顔を守るためにも、平和な世界を願い、そのための活動に邁進している。

活動内容は
1) スポーツを通した開発支援
2) 自立支援活動(子ども達が負の連鎖から放たれて手に職をつけて自立できるために)
3) 国際理解教育(ESD―持続可能な開発のための教育―)の実施
4) 東ティモール支援


このように、有森裕子を筆頭に世界で活動を続けているハート・オブ・ゴールドが今年、ダナンインターナショナルマラソン “Run For Peace”の参加を決めた。

今年はベトナム戦争終結40周年。
40年経った今もなお、世界中で紛争が終わらない中、“ベトナムを平和の聖地に”を合言葉に、年に一度、平和を希望する世界中の人たちが集まるマラソンイベント、 “Run For Peace” を行う。

イベントを通じ、“Peaceはこんなにも素晴らしく、楽しい”というメッセージを世界中に発信しながら、参加費の一部をベトナム国内の各種団体のチャリティ活動に充てる。

有森裕子(認定NPO法人ハート・オブ・ゴールド代表理事) 1966年岡山生まれ。バルセロナ、アトランタ両オリンピックの女子マラソンでメダリストになり、その後に続く日本女子マラソン黄金期の幕開けを切った。アトランタオリンピック後、国内のプロマラソンランナー第 1号に。現役引退後は、ランニングやマラソンに関わる活動以外にも「株式会社RIGHTS.」取締役、「認定NPO法人ハート・オブ・ゴールド代表理事」、「スペシャルオリンピックス日本理事長」、「日本プロサ ッカーリーグ理事」、「厚生労働省いきいき健康大使」を務めるなど、多岐に渡る分野で活躍している。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、アンコ ールワット国際ハーフマラソンをはじめとするカンボジアでのハート・オブ・ゴールドの活動の功績をたたえられ、ノロドム国王陛下よりロイヤル・モニサラボン勲章大十字を受章。